So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
海外ネタ ブログトップ
前の5件 | -

とってもスパゲティな話で・・伊首相離婚決着に絡んで [海外ネタ]

前にブログで書きました、あのイタリアのベルルスコール首相とベロニカ夫人との間の離婚調停が11日に決着したとか。

夫人は毎月30万ユーロ(約3500万円)の生活費を永久に受け取るとともに現在暮らしているミラノ郊外の豪邸も夫人のものになったそうです。
首相の長年に渡る、女性問題などに不満を募らせていた夫人が、昨年5月に離婚を決意し、当初は毎月350万ユーロ(約4億1000万円)を要求していての最終決着がその10分の1以下に留まったわけですが、それでも庶民の私たちにしてみれば、「なんじゃそれ!」の桁違いな金額です。bikkuri.jpg

浮気の代償は高くついたのか、それともベルルスコーニ氏にしてみれば、想定内なのかホント、スパゲッティな話ですね。

とってもスパゲッティな話

とある医者が看護士と不倫関係にありました。

暫くして、彼女が妊娠してしまいました。

妻に知られたら大変と思った彼は、大金を渡し、イタリアに行って子どもを産むように伝えたのです。

不安に思った彼女は尋ねました。
「でも、子どもが生まれたら、あなたにどうやって伝えたらいいの?[モバQ]

「そのときは、スパゲッティと書いたハガキを送ってくれればいいさ。」

途方に暮れつつも、彼女は取り敢えずお金を受け取り、イタリアへ飛びました。

半年ほど経ったある日、彼は妻から電話を受け取りました。

「あなた、今日イタリアから変なハガキが届いたわ。何の意味だかさっぱりわからないの」

「家に帰ってから説明するから、待っててくれ・・[あせあせ(飛び散る汗)]

そして、夜になり・・・。

帰宅した医師がハガキに目を通すや、いきなり気を失って倒れてしまいました。
駆け付けた救急隊員が彼の妻を慰めながら、心臓発作を引き起こした原因を尋ねました。

すると妻は、落ちていたハガキを拾い上げ、こう読み上げました。

「スパゲッティ、スパゲッティ、スパゲッティ、スパゲッティ。2つはソーセージとミートボール入り、2つは具なし」

お医者さんの財力でも一度に4人は厳しかったようですが、ベルルスコーニ氏なら「別になんてことない」ことかもしれませんね。

                        are.gif


nice!(0)  コメント(0) 

超有名人になると火遊びも命がけ・・・ゴルフ [海外ネタ]

今、ゴルフ界のスパースター タイガー・ウッズ選手の不倫騒動が、世界中のメディア、マスコミで騒がれていますね。

今日の朝のワイドショーでは、これもスポーツ紙ネタからですが、この不倫騒動は、彼の公式の謝罪があっても問題はどんどんエスカレートし、彼と契約しているスポンサー企業の撤退が後を絶たず、更に深刻なのは、家庭での奥さんとの関係修復は絶望的で、なんでも2010年1月1日に離婚する方向で弁護士と話し合っているとか・・・

誘惑に負けた、火遊びの代償は本当に大きいですよね。

同じような問題でもイタリアのベルルスコーニ首相とこうも対応が分かれるのも面白い(不謹慎ですが)ですよね。 zannen2.jpg

ゴルフといえば、今年の日本は石川遼選手が大フィバーしてたね。
尾崎将司選手が持つ賞金王の最年少記録を数十年ぶりに塗り替える快挙をはじめ数々のツアーの活躍はまさに日本のウッズなんて称した方もおられました。が
、今になってはこれは有り難くない賛辞ですよね。
その彼は、ゴルフ界だけでなくCM界でもあのキムタクと並び、今年はNO1の本数のCMに出ているとか・・・

彼ももはや日本のスパースターです。
大先輩の尾崎将司選手や中島常幸選手が、自分の子供のような、それどころか孫のような若い石川選手の将来を思ってか、年寄りのアドバイスとして本人に「女の誘惑に注意しろ」と直接言ったとか・・・。そんなこともワイドショーでは言ってました。

年寄りの忠告には気をつけろ・・・時と場合による

ゴルフが大好きな青年が、午後に数時間の余裕ができたのでこう思いました。

「ちょっと急げば9ホール回れるぞ。[グッド(上向き矢印)][るんるん]

そして、ボールを置き打とうとしたところ、老紳士がやってきて、自分も一人なので一緒に回らないかと声をかけてきました。

青年は断り切れず、一緒に回ることにしました。

驚いたことに、その老紳士はプレイがスピーディで、距離は出ないものの着実に刻み、時間を無駄にしませんでした。

ついに二人は9番ホールまでやってきました。

青年の方は、難しいショットを残し、ボールのすぐ前方には大きな松の木があり、グリーンはその先でした。

どんなふうに打ったら良いか議論したあとで、老紳士はこう言いました。

「ワシがおぬしくらいの頃には、この木を超えるようにボールをうったもんじゃよ。
[グッド(上向き矢印)][手(グー)]

これを聞いた青年は、厳しいチャレンジだと思いつつも、せっかくのアドバイスと力いっぱいクラブを振りました。

・・・・・そのボールは木の幹に強く当たり、転がり落ちて元の位置で止まりました。

そのあとで老紳士はもう一つアドバイスをくれました。

「当然ながら、ワシの若いときには、この松の木は1メートルくらいしかなかったがね。[るんるん][るんるん]

 


nice!(0)  コメント(0) 

金銭は幸せにあらず・・・でも [海外ネタ]

今、日本では鳩山首相の偽装献金問題が、大きく報道関係を賑わせていますが、海の向こうのヨーロッパでも一国の首相が連日マスコミを賑わせています。

ご存知、あのお騒がせで有名なイタリアのベルルスコーニ首相の離婚問題が、今イタリアではもっぱらの話題で国民の関心の的になっているようです。

ベルルスコーニ首相と言えば73歳にして若い女性との浮気が何度も報じられ、最近ではその相手から暴露本の出版まで予定されているとか、殊、噂に事欠かない御仁ですが、流石に堪忍袋の緒が切れて、ベロニカ夫人は首相に三行半を突き付け[爆弾]、現在離婚協議中とか。

またその内容が凄い!
夫人側は離婚後の生活費として月350万ユーロ(約4.5憶円)、年間4300万ユーロ(約56億円)を請求しているとか。[目]

でも、この無謀というか非常識のように思える要求にはちゃんとした根拠があるんだそうです。

イタリアの法律には、「離婚した場合、妻には離婚前の生活水準を維持するだけの生活費を、夫に請求できる権利を認める」とあるんですって!!

と、いうことは夫人は月4.5憶円の生活をしているってことですよね。
ビックリです。[がく~(落胆した顔)]

また、そのような生活をさせていた当のベルルスコーニ首相はいったいどんな人物なのか逆に興味持ちますよね。

で、またまた驚きです。

彼はイタリア第2位の大富豪で、総資産は実に65億ドル(約5600億円)。
また、国内メディアの7割を牛耳り、メディア王とも言われているそうです。

日本では離婚の場合、資産は折半というのもおかしくないご時世ですから、年に総資産の100分の1の請求というのはむしろ良心的といえるかもしれませんね。[あせあせ(飛び散る汗)]

でも首相側は月30万ユーロ(約3800万円)しか認めないと主張しているため、協議が難航しそうだとのことです。
それでもですよ、月3800万円だとしてもとんでもない金額と思うのは僕だけでしょうかね。                             are.gif

何をどうしたらそこまで浪費できるのでしょうか?
庶民の感覚では想像つきません。[ふらふら]

   

      金銭は幸せにあらず    とは言いますが[たらーっ(汗)]

   


   

  カネを持っているからといって幸せとは限らない。
     
   千億円持っている男の方が千億円持っている男よりも
            
    
   
幸せな生活を送っている場合もある。






  やっぱりお金は欲しいですよね。[たらーっ(汗)]





nice!(0)  コメント(0) 

仕事時間の長い人は脳が衰える? [海外ネタ]

今の世の中、派遣切り、大学生・高校生の就職超氷河期、倒産・リストラと仕事にありついていることさえ大変な時代になってしまいました。

特に日本では昔から仕事をすることは美徳とされ、家庭を顧みずに仕事一途の人間がそれなりに高い評価を受けてきたきらいがあります。

確かに仕事を一所懸命にすることは決して悪いことではありませんが、長時間の仕事は、やはり体には良いことではないようです。
                                               are.gif

中年2214人に行われた調査分析から、週に55時間以上働く人は、それより少ない人よりも、認知症のリスクが高まり精神的な技能が劣っていることが判明されたそうです。[がく~(落胆した顔)]

アメリカの疫学学術誌(The Americn Journal of Epiedemiology)によると、ハードワーカーと呼ばれる長時間働く人々は、短期的な記憶障害や言葉を思い出すことのできないなどの症状が多く出る結果が出たと報告しています。

また、この報告をもとに、この調査を指揮した医師は、働き過ぎをもっと問題視するべきと主張しています。 

長時間働くことが、何故脳には逆の効果になるのかは、今のところよく判っていないようですが、睡眠不足や不健康な生活スタイルと深い関わりがあるかも知れません。

この調査はイギリス人を対象に行われたそうですが、同じように、働き時間が長く、慢性的な睡眠不足の多い日本人の私たちにとっては無視できない、耳の痛い話ですね。

 寛大な方針  

社長が新入社員たちに会社の方針を説明していました。

「わが社は就業時間に寛大です

いちいち細かいことは言いません。 

朝9時前なら何時に出社してもいいし、午後5時過ぎなら何時に帰っても構いま

せん。[るんるん]」     

                zannen2.jpg                        


nice!(0)  コメント(0) 

「夫婦」に関連して [海外ネタ]

一昨日からネットワークセキュリティの強化のソフト導入等の関係でちょっとお休みしてました。

さて、11月22日が「いい夫婦」の日だったことに関連なのですが、海外ではこんな洒落た話題があります。

昨今、日本では離婚率が年々高くなっています。特に永年連れ添っていた熟年夫婦の離婚が目立つのも世相を反映しているように思われます。
                                            are.gif
こと熟年離婚の離婚率が年々高くなっているのは、日本だけでなく東南アジアのマレーシアでもどんどん伸びているそうで、それに手を焼いたマレーシア政府がこんな洒落た対策を始めたそうです。

ナント!
冷めた夫婦の愛情を活性化させよう[黒ハート]と2回目のハネムーンの提供を始めました。

報道によれば、対象は新婚カップルでなく、20年以上夫婦をやってきたというような熟年夫婦で、永年一緒に暮らしてきた者同士の破綻を救うのが目的で[わーい(嬉しい顔)]、1500リンギット相当(約4万円)のハネムーン[揺れるハート]パッケージが、結婚カウンセリングと一緒にあてがわれるそうです。

マレーシアはイスラム教徒の多い国ですが、離婚は好ましくないとされながらも許可されていることも離婚が増えている背景にあるのですが、このハネムーンの提供という政府の粋な計らいは、「子供手当に所得制限を云々」というどこかの国よりもなんかロマンチックですよね。  hakusyu.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 海外ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。