So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
グルメネタ ブログトップ

ジェラートとアイスクリームの違いって? [グルメネタ]

バンクバーオリンピック盛り上がってますね。

今日は男子フィギュアで高橋大輔選手が、見事に銅メダルに輝くなど、今度はどうしても、女子のフィギュアに期待が行ってしまいます。

先だって、娘に聞かれて困ったことがありました。

「イタリアンの料理のあとにデザート出てくるジェラートって普通のアイスクリームとどう違うの?」

恥ずかしいのですが、心の中で
「えっ!イタリアンではアイスのことジェラートというのではなかったのか![たらーっ(汗)]

  で、調べました。                           zannen2.jpg

日本では、アイスクリームという商品は、乳固形分が15%以上、そのうち8%は乳脂肪分であることが義務付けられているとのこと。
それに対して、イタリアのジェラートは、日本よりも少ない5%前後の乳脂肪分で作られているのが一般的なんだそうです。
日本の規格にあてはめると、ジェラートは、アイスクリームではなく、アイスミルクに分類されるのです。bikkuri.jpg

つまりは、そのぶん低カロリーなのがジェラートの特徴で、とくにフルーツや野菜を使ったものは後味がサッパリしていてとてもヘルシーなのです。

ジェラートにはベーシックな生クリーム、イチゴなどのベリー系、キャラメル、チョコレート、ナッツ系のほかチーズ、バルサミコ酢をかけたいろんな種類のものがあるのだそうです。

最近は、カロリーゼロの ダイエットジェラート というものが登場し、本場イタリアでは人気だとか。ok.gif

イタリアンのレストランに行かれた時は、是非チェックを・・[わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(0)  コメント(0) 

シャンパンの泡にも名前が付いているのです。 [グルメネタ]

今日は、クリスマス・イヴ。
恋人同士の男女にとっては、一番心が弾むデート日かもしれませんね。

恋人→クリスマス・イブ→デート→食事→フレンチ→シャンパン→ワイン→プレゼント→[ハートたち(複数ハート)][ぴかぴか(新しい)]

という発想は、中年オヤジの発想でしょうか?zannen2.jpg

で、シャンパンの泡にも名前が付いていること知ってましたか?

先ず、殆どの方が知っているように、「シャンパン」は、「シャンパーニュ」とフランスでは呼ばれていて、パリの北東にあるシャンパーニュ地方で作られた発泡性ワインのことです。
シャンパーニュ地方以外で作られた発泡ワインはスパーリングワインと呼び分けされていることもご存知ですよね。

シャンパンの特徴というと、グラスに注いだ時に立つ細やかな泡で、シャンパンの泡は炭酸を機械で注入したものでなく、発酵によって生まれてくるものなんです。[目]
もともとは、冬の寒い時期に発酵が止まったワインが、春になって気温が上がり、再びボトルの中で発酵がはじまって、泡の立つワインが出来たのがはじまりだとか。bikkuri.jpg

で、シャンパンを注ぐと、細かい泡が下からプチプチと立ち上がってきて、表面に丸い模様をつくる。
フランスではこの丸い輪になった泡を「コリエ」、立ちあがる泡を「ペルル」と呼び分けて表現しているの知ってましたか?

「ペルル」 は 「真珠」
「コリエ」 は 「首飾り」の意味だそうです。

今日、シャンペンを恋人と飲む方、このウンチクをお洒落に披露すれば、今日のデートは大成功と保証します。ok.gif

家庭で御家族と飲まれる御主人たち、ちょっと尊敬されること間違いなし!

えっ!!

シャンパンは買ってない!?

未だ間に合います。
帰宅されるまえにご購入を!
でもシャンペンでなく、スパーリングワインでは説明がアワアワになってしまいますから御注意を。

 





 


nice!(0)  コメント(0) 

チーズの名前って制限があるなんて知ってました? [グルメネタ]

チーズの種類を表す名前は制限があるって知ってましたか?

良く知られているフランスの「カマンベールチーズ」は現在は日本始め、世界各国で生産されているそうです。
因みに家の冷蔵庫の中にある日本のメーカーで生産されたチーズのパッケージを見るとカタカナで「カマンベールチーズ」とちゃんと表記されていました。

ところが、イタリアの「ゴルゴンゾーラチーズ」は、日本に同じチーズを作る技術があっても「ゴルゴンゾーラ」と名乗ることができないのです。[がく~(落胆した顔)]
これは、「ゴルゴンゾーラ」という名が、チーズの名前を保護する協定で守られているからなんですって。

その協定は「ストレーザ協定」といって第二次世界大戦後、カマンベールをはじめとするヨーロッパの有名チーズが、原産国以外で生産されるようになった為、各国が自国の伝統的なチーズの名前を他国で不当に用いられないようにするために、フランス、イタリア、スイスなどヨーロッパ8カ国によって調印されて、この協定によって、チーズは他国では名乗れるチーズと名乗れないチーズの2種類に分類されるのだそうです。

で、他に他国では名称を使用することのできないチーズは?と言ったら

ペコリーノ・ロマーノ 、 パルミジャーノ・レッジャーノ 、 ロックフォール

といったチーズの3種類で、「ゴルゴンゾーラ」と合わせれば4種類になります。
                                  douzo.gif
で、「カマンベール」は、協定に加盟している国であれば、条件を守ってその名前を使用できるチーズであって、日本のチーズが「カマンベール」を名乗れるのはそんな訳があるからなんです。

ok2.gif

でも、海賊場版で有名などこかの国で、いずれ国産「ゴルゴンゾーラ」バターや
「パルミジャーノ・レッジャーノ」マーガリンって胡散臭いものがでるかも・・・ 
                                             okoru.gif
                                     


nice!(0)  コメント(0) 

老酒と紹興酒ってどう違う? [グルメネタ]

中華料理に出てくるアルコールといえば、やはり老酒(ラオチュウ)と紹興酒(ショウコウシュ)ですが、どちらも飲んだことことがありますが、味が似ていて違いがよくわからない。
そんな方はいませんか?
ふたつの酒は、同じものなのか、それとも別の酒なのか?are.jpg

で、調べました。

先ず中国の酒はおおざっぱに「白酒」と「黄酒」の二つのグループに分けられ、老酒や紹興酒はうるち米、もち米、キビなどを原料に「餅麹」というこうじを用いて発酵させた「黄酒」で、これを甕に入れて数年貯蔵し熟成させたものを「老酒」というそうです。
まぁ、簡単にいえば「老酒」は黄酒のなかでも特に 年代物 ということですね。[わーい(嬉しい顔)]
そしてさらに、浙江省(せつこうしょう)の紹興市で造られた老酒のことを「紹興酒」というそうです。

老酒というのは酒の銘柄ではなくて「年代」のことで、紹興酒の紹興はその産地。

なんか分かったような分からないような?[あせあせ(飛び散る汗)]

紹興市で造られた老酒の場合は「紹興老酒」というのが本来の名称になるのわけですね。(簡単にいえば紹興酒の年代ものってことですね)


nice!(0)  コメント(0) 

びっくり!富山県民は実はお酒に弱い!? [グルメネタ]

 

odakun.gif

 

    秋も深まり、朝晩めっきり涼しくなり、酒どころ富山の男性陣にとっては晩酌が
    楽しみになってきた今日この頃ですが、意外なことが・・・[目]
    お酒が強い県といえば、北海道、東北、北陸、四国、九州・沖縄地方というイ
    メージが定着しているのですが、意外や意外 実は北陸の富山・石川の人た
    ちは「酒豪遺伝子」的に言うと全国的に下位に位置しているんだそうです。

    ちなみに強いグループ上位10位は(お酒に強い遺伝子64%以上)は、北か
   ら北海道、岩手、山形、福島、埼玉、高知、熊本、鹿児島、沖縄 特に秋田、岩
   手、鹿児島は70%を超えているとか。弱いグループ下位11位は(55%未満)
   は富山、石川、群馬、岐阜、愛知、三重、奈良、大阪、和歌山、岡山、広島。特
   に低いのは順に三重(39%)、愛知(41%)石川(45%)だそうです。

お酒が強いことは決して自慢にはなりませんが、この調査には驚きです。[モバQ]

世界の様々な人種、地域をみると、白人と黒人は酒豪遺伝子が殆ど100%、
アジアは低く、特に黄色人種は(56~70%)低いそうです。

こんな話題で秋の夜長に居酒屋談義で花を咲かすのも一興かも・・[わーい(嬉しい顔)]

                      bikkuri.jpg

               

 


nice!(0)  コメント(0) 
グルメネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。