So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「理想の彼氏を目指せ」・・婚活中の方必見の映画 [話題ネタ]

今、キャサリン・セタ・ジョーンズ主演(好きな女優さんです[あせあせ(飛び散る汗)])の「理想の彼氏」が公開中ですが、既に見に行かれた方はいますでしょうか?

内容は、シングルマザーでアラフォーの主人公と歳の差がある24歳の青年との恋の行方をロマンチックかつコメディタッチで描かれた映画だそうです。

この映画は、「恋愛」「結婚」「アラフォー」と女性には気になるキーワードが満載だそうですが、実は男にとっても参考になるポイントが至るところで描かれているところが
話題を誘っているとか。
今、恋愛中のカップルの方、婚活中の男性の方、おひとり様はもういいかなという女性の方にはお勧めの映画かも。

なんでもこの映画は、最初の企画の段階では、男性を主人公にした物語を考えていたそうで、監督曰く、「最初はフランス人の妻に捨てられた若者を描いたストーリーだったが、進めていくうちに、2つの並行するストーリーに発展していったんだ」とのこと、それで、男性にも共感できる内容があるということなのですね。

   「理想の夫、売ります」

「夫、売ります」という店が新しくオープンしました。

女性が夫にする男性を選ぶことのできる店です。

入り口に店の案内があり、営業内容について詳しく説明されています。

『店内の入場お一人様一回限りになっております
当店は1階~6階の営業となっており、商品の価値は階が上がることに、より良質なものを揃えております。
お客様は各フロアでお好きな商品をお選びになるか、或いは次の階へ進むこともできます。
但し、退場される以外で、一度上の階へ進むと、下の階に戻ることは出来ませんのでご注意ください。』

そこへひとりの女性が、望みの夫を探すためにこの店にやってきました。

最初の階のドアの案内版にはこうありました。
1階  仕事を持つ男性コーナー
彼女は興味をそそられながら[るんるん]次の階へ上がりました。

案内板にはこうありました。
2階 仕事を持ち、子供好きの男性コーナー
彼女は、「悪くないわ[揺れるハート]、でももう少し欲しいわね[るんるん]
そう思いながら次の階へ上がりました。

こう書いてありました。
3階 仕事を持ち、子供好きで、イケメンの男性コーナー
「わぉ[exclamation][ハートたち(複数ハート)] 」彼女は心が惹かれながらも、上の階への誘惑には抗しがたく、次の階に上がっていきました。

こう書かれていました。
「4階 仕事を持ち、子供好きで、人が振り返るほどのイケメンで、家事を手伝う男性コーナー」
「何てことなの[exclamation][揺れるハート][るんるん][キスマーク] たまらないわ!」そう言いながらも5階へ向かいました。

次の階にはこう書かれてありました。
「5階 仕事を持ち、子どもを愛し、気絶しそうなほどハンサムで、家事を手伝い、心ときめくようなロマンチストな心を忘れない男性コーナー」
彼女はその階に留まろうという誘惑[黒ハート][揺れるハート][ハートたち(複数ハート)][るんるん][キスマーク]に駆られながらも、駆け足で6階へと足を進めました。
そこには、こんな風に書かれていました。

「6階 貴女はこの階の31,456,012番目の訪問者です。
この階には男性はおりません。 
この階に来る女性を満足させることは、もはや不可能だ[むかっ(怒り)]ということを証明するためにこの階は存在しております。

当店へのご来場、誠にありがとうございました。」





 後日談

男女差別の批判を避けるために、この店のオーナーは「妻、売ります」という店も、向かいの通りにオープンしました。

「1階 夫に尽くす女性コーナー」

「2階 お金持ちで夫に尽くす女性コーナー」









                現在のところ3階~6階への訪問者はまだ現れておりません。
                                                        とのことです。
orei2.gif


nice!(0)  コメント(0) 

確かに理に叶っているけど・・・ [ジョーク ネタ]

11月最後の日曜日の午後、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

それにしてもまだ午後4時前と言うのにもう外は暗くなってきました。
本当に一日が早く感じてなりません。

さて、休日ですのでまた、他愛もないないジョークでお茶を濁します。

   確かにごもっとも!   でも[たらーっ(汗)]

 ある男が田舎道を歩いていました。

 近くの牧草地で1人の農夫が作業をしているのを見つけ、町までどのくらいかかるのか尋ねました。が、

 農夫は返事一つしませんでした。

 なにか言ってくれるだろうと思い男は暫く待っていたのですが、全く反応がありません。[ちっ(怒った顔)]

 仕方なく、男は再び歩き始めました。

 彼が100mほど歩いたところで、先ほどの農夫が大声で、「20分ほどだ!」と叫びました。

 男はビックリし、なんで今になって答えてくれたのか 兎に角意味が分からず、農夫に聞き返しました。

 「どうしてさっき尋ねたときに、すぐ答えてくれなかったんだ[exclamation&question][ちっ(怒った顔)]

 農夫は答えました。








 「だって、お前さんが、どんなスピードで歩くかわからないだろうが

                                     ok.gif


nice!(0)  コメント(0) 

金銭は幸せにあらず・・・でも [海外ネタ]

今、日本では鳩山首相の偽装献金問題が、大きく報道関係を賑わせていますが、海の向こうのヨーロッパでも一国の首相が連日マスコミを賑わせています。

ご存知、あのお騒がせで有名なイタリアのベルルスコーニ首相の離婚問題が、今イタリアではもっぱらの話題で国民の関心の的になっているようです。

ベルルスコーニ首相と言えば73歳にして若い女性との浮気が何度も報じられ、最近ではその相手から暴露本の出版まで予定されているとか、殊、噂に事欠かない御仁ですが、流石に堪忍袋の緒が切れて、ベロニカ夫人は首相に三行半を突き付け[爆弾]、現在離婚協議中とか。

またその内容が凄い!
夫人側は離婚後の生活費として月350万ユーロ(約4.5憶円)、年間4300万ユーロ(約56億円)を請求しているとか。[目]

でも、この無謀というか非常識のように思える要求にはちゃんとした根拠があるんだそうです。

イタリアの法律には、「離婚した場合、妻には離婚前の生活水準を維持するだけの生活費を、夫に請求できる権利を認める」とあるんですって!!

と、いうことは夫人は月4.5憶円の生活をしているってことですよね。
ビックリです。[がく~(落胆した顔)]

また、そのような生活をさせていた当のベルルスコーニ首相はいったいどんな人物なのか逆に興味持ちますよね。

で、またまた驚きです。

彼はイタリア第2位の大富豪で、総資産は実に65億ドル(約5600億円)。
また、国内メディアの7割を牛耳り、メディア王とも言われているそうです。

日本では離婚の場合、資産は折半というのもおかしくないご時世ですから、年に総資産の100分の1の請求というのはむしろ良心的といえるかもしれませんね。[あせあせ(飛び散る汗)]

でも首相側は月30万ユーロ(約3800万円)しか認めないと主張しているため、協議が難航しそうだとのことです。
それでもですよ、月3800万円だとしてもとんでもない金額と思うのは僕だけでしょうかね。                             are.gif

何をどうしたらそこまで浪費できるのでしょうか?
庶民の感覚では想像つきません。[ふらふら]

   

      金銭は幸せにあらず    とは言いますが[たらーっ(汗)]

   


   

  カネを持っているからといって幸せとは限らない。
     
   千億円持っている男の方が千億円持っている男よりも
            
    
   
幸せな生活を送っている場合もある。






  やっぱりお金は欲しいですよね。[たらーっ(汗)]





nice!(0)  コメント(0) 

うっかり忘れていると大変!・・・車検切れ [全国ネタ]

今日、午前中に所有している車うちの1台の任意保険の更新手続きをしました。

その時に保険会社の担当の方から情報としてこんな話を聞きました。

皆さんはご自分の車に掛っている保険が2種類あることはご存知のはずですよね。
自賠責と任意の2種類ですが、自分自身で手続きをしなければならない後者の任意保険は、契約期限が近づくと保険会社なりその代理店からお知らせのハガキがくるので、一応は頭の隅にそのことが残っているのでいいのですが、自賠責に関しては車検と同時に手続きされるので、保険の契約期間自体にはさほど気にならないし、むしろ車検のほうに気を取られているのが実情と思われます。

車検さえちゃんと済ませば、 「自賠責は自動的」 これが僕自身当たり前というか常識と思っていたのですが、最近、その肝心の車検を受けるのをうっかり忘れてしまい、任意保険はしっかりと入ってはいるものの自賠責が切れたままの状態で、加害事故を起こしてしまい、その時になって初めて車検切れ(=自賠責切れ)が判明し、自賠責分を自分自身の財からカバーしなければならないケースが少し
づつ増えているそうです。
では車検切れの車なんてそんなに巷を走っているわけないと思っていたのですが、さにあらず、ナント 登録されている車全体の0.3%が車検切れの状態だというのです。[がく~(落胆した顔)]

こんなケースがあったそうです。

車検切れのままで死亡事故を起こした男性の方が、自賠責分の3000万円分は保険が適用されず(任意保険は自賠責の上限額を超えた分から適用)、自分自身で支払いをしなけらばならなくなってしまい、救済措置として国に肩代わりしてもらい、その後国へ月々返済していくことになったそうです。
さらに、困ったことに、男性本人が亡くなり、残された奥さんと子どもさんに債務が残ってしまったという(このような場合は3カ月以内に遺産放棄の手続きをとれば債務が消滅するらしいのですが、家族の方が相談にきたのは既に4カ月経ってしまっていたのでどうにもならないとのこと)最悪のケースもあるそうです。

車を運転する限り、安全運転マナー、法規遵守、そしていざという時のための保険の加入は絶対に肝に銘じなければなりませんね。are.gif

  

    こんなのはまっぴらだ!

ある男性が、夜、妻を乗せて自慢の愛車で高速道路運転していると、パトカーに止められてしまいました。

警官「少なくとも150キロ以上は出ていました。」

夫「そんなことはないはずです![あせあせ(飛び散る汗)]私は100キロで走っていましたよ。」

妻「あら、あなた!200キロは超えていたわよ![るんるん]
    (夫は怒ったような顔[ちっ(怒った顔)]を妻に向ける)

警官「それにテールランプも壊れていますね。 この分も切符を切ります」

夫「テールランプが壊れてるだって[exclamation&question] そんなこと全く知りませんでした[exclamation][たらーっ(汗)]

妻「あら、あなた? テールランプが壊れていることはもう何週間も前から知ってたじゃないの[るんるん][るんるん]
     (夫は更に妻に怒った顔[どんっ(衝撃)][ちっ(怒った顔)]をする)

警官「それにシートベルトもしてませんね。これも減点しておきます。」

夫「ああ、それは今、停められた時に外したんですよ[モバQ][あせあせ(飛び散る汗)][たらーっ(汗)]

妻「あら、あなた。あなたいつもシートベルトを付けないじゃない![るんるん][るんるん][るんるん][揺れるハート]

ここで、夫は妻の方を向いて大声で怒鳴りました。

     [爆弾]
    「お前はだまれ[exclamation×2] [どんっ(衝撃)][パンチ][ちっ(怒った顔)]


ここで警官は、妻の方を向いて尋ねました。

「奥さん。ご主人はいつもこんな風な話し方を貴女にするのですか?」

 

 

「いいえ。彼が酔っているときだけですのよ[るんるん][るんるん][るんるん][るんるん]



    絶対にこのようなことはダメですぞ!okoru.gif

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

仕事時間の長い人は脳が衰える? [海外ネタ]

今の世の中、派遣切り、大学生・高校生の就職超氷河期、倒産・リストラと仕事にありついていることさえ大変な時代になってしまいました。

特に日本では昔から仕事をすることは美徳とされ、家庭を顧みずに仕事一途の人間がそれなりに高い評価を受けてきたきらいがあります。

確かに仕事を一所懸命にすることは決して悪いことではありませんが、長時間の仕事は、やはり体には良いことではないようです。
                                               are.gif

中年2214人に行われた調査分析から、週に55時間以上働く人は、それより少ない人よりも、認知症のリスクが高まり精神的な技能が劣っていることが判明されたそうです。[がく~(落胆した顔)]

アメリカの疫学学術誌(The Americn Journal of Epiedemiology)によると、ハードワーカーと呼ばれる長時間働く人々は、短期的な記憶障害や言葉を思い出すことのできないなどの症状が多く出る結果が出たと報告しています。

また、この報告をもとに、この調査を指揮した医師は、働き過ぎをもっと問題視するべきと主張しています。 

長時間働くことが、何故脳には逆の効果になるのかは、今のところよく判っていないようですが、睡眠不足や不健康な生活スタイルと深い関わりがあるかも知れません。

この調査はイギリス人を対象に行われたそうですが、同じように、働き時間が長く、慢性的な睡眠不足の多い日本人の私たちにとっては無視できない、耳の痛い話ですね。

 寛大な方針  

社長が新入社員たちに会社の方針を説明していました。

「わが社は就業時間に寛大です

いちいち細かいことは言いません。 

朝9時前なら何時に出社してもいいし、午後5時過ぎなら何時に帰っても構いま

せん。[るんるん]」     

                zannen2.jpg                        


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。