So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

妙に納得・・航空会社側から見た「フライト」の心得 [話題ネタ]

JALの破綻問題とか、兎角最近は航空業界のことが話題になりますが、ちょっと面白いというか、こんな「心得え」が航空会社にはあるんだそうです。

航空会社の心得

・離陸はオプションであり、着陸は義務である。
・飛行が危険なのではなく、墜落が危険なのである。
・スピードは生命、高度は生命保険、空と衝突したものは未だにいない。
・燃料が多すぎるのは、燃えているときだけである。
・人間にとって飛行は2番目にスリルのあること。1番目は着陸である。

・良い着陸とは・・着陸後に歩いて去ることができることで、偉大な着陸とは、着陸後に再び同じ飛行機に乗れること。

・生存率は着陸角度とイコールである。
・あれは着陸だったのか?撃ち落とされたのか?[たらーっ(汗)]

・他人のミスを学べ!全てを経験できるほど長くは生きられない。
・パイロットを信用しろ! ・・・だが、シートベルトは着用しろ!
・最初の係員には好意的に接するべき、次の貴方のフライトのパイロットになるかもしれないのだから・・・

・燃料をもたせようとする努力は、向かい風を増やす。
・パイロットは、飛んでいるときは女のことを話し、女といるときは飛んでいるときのことを話す。

・離陸の数と着陸の数はイコールに保て!
・重力は絶対に負けてくれない。・・・せめて引き分けを望むだけだ。

・重力って最悪だ!

 なるほど と思うものもあれば、言い訳に聞こえるようなものもありますが、何故か妙に頷けてしまいます。

                          zannen2.jpg

自動車事故に比べればはるかに確率が低いとはいえ、事が起これば大惨事になってしまう飛行機事故。

飛行機に乗って無事に降りられることは、とっても偉大なことなんだと改めて感じました。

                      ok.gif

    


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。