So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パン食1位のところは以外なところが・・ [日経新聞ネタ]

日本で一世帯当たりのパンの年間購入量(2006~2008平均)が一番多い県は?と聞かれたら何処だと思いますか?

以外にも和食の街 京都で年間62キログラムなんだそうです。bikkuri.jpg

先週の日経新聞の別冊に載っていたのですが、本当に以外でした。
2位は大津市、3位は神戸市(これは納得できます)だそうです。

何故かというその背景は、京都の場合は、西陣織の職人が仕事の合間に食べ始めたのがきっかけで、京都人の新しもの好き、合理主義の府民性が関係しているのでは?とのこと。
大津市も近隣ということと、それ以外に学生、若者が多いことが影響しており、神戸市は洋風文化伝来の地という歴史的背景があってパン食が根付いたのではということです。

因みに最も少ないのは、山形市で福島市、青森市とコメどころが続き、消費量も京都の半分程度。

では、コメの最も購入量が多いところはというと、1位が静岡市で105キログラム、続いて僅かの差で、わが富山市、金沢市とコメどころが続いて、逆に最も少ないのが、岡山市、神戸市、高松市だそうです。
コメどころでない静岡市が多いのは、ご飯に合う海産物などの食材が多いことと、地元のコメ生産が少ないので親戚とかから貰う機会もないことから購入量が増えるとの分析です。因みに静岡市の購入量は最下位の岡山市の1.5倍以上だそうです。

更にメン類では、スパゲティはさいたま市が2位の横浜市に大差をつけて1位、中華めんは盛岡市(確かに盛岡はイケメンのまちとメン売りにしてますよね)、カップめんは青森市、即席めんは高知市がトップだそうです。

地域の主食文化を調べると、いろんなことが見えてきそうですね。

これをもとに食材についても調べてみようと思っています。

確かに、3日まえに娘と一緒に食べた京都の洋食屋さんのパン、妙に美味しかった気がしました。ok.gif


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。