So-net無料ブログ作成

今朝の配達時の珍事・・・電話の向こうで何が? [当社ネタ]

雪の方も小康となり、このまま気象庁の予測のように暖かくなると嬉しいのですが・・・(ちょっと嫌味ですね[たらーっ(汗)]

今朝、当店の配達時にちょっとした珍事がありました。

時刻は午前3時40分。
事務所に携帯(ナンバーディスプレイで番号が出ますので)からの電話が鳴り、妻がでてみると  「・・・・・・・・」無言。
こちらから「もしもし」と何度も聞き返してはいるのですが、やはり「・・・・」  無言。[あせあせ(飛び散る汗)]
仕方なく、こちらから電話を切ることに。

そして2分は経ってないと思うのですが、またコールが・・・。
すぐに出たのですが、やはり「・・・・」
無言。
何度も聞き返すのですが、電話の向こうで「ガサガサ」する音が入るものの「・・・・」無言のまま。
ひょっとすると従業員が事故かなんかで意識を失う前にSOSをかけているのでは?と不安になり、従業員の携帯番号一覧と照合すると不安が的中。
一人の男性従業員の番号であることが・・・。bikkuri.jpg

この方は、過去、脳梗塞を患ったものの、今は元気そのもの。昼間は土建関係の仕事に従事する傍ら、奥さんの手伝いとして二人で新聞を配達している働き者。(夜間工事があるときは、終わった後寝ずに手伝うぐらいの方)
ただ年末に奥さんが体調を崩し、代わりに一人で配っているので、負担を軽くするためにこの11日から減らすことになっていたこともあり、今、一番気を遣っている従業員、その彼からの配達中の無言電話。
一体電話の向こうで何が起こっているのか!?

焦りました。[あせあせ(飛び散る汗)]

配達ルート、配達順はこちらで完全把握しているので、時間を鑑みてこの辺りではと目星を付け出発。

探すこと30分。配達の形跡はあるものの、見つからず、妻に電話。
逆コースで探すように指示。

10分後、妻から配達中の本人と逢え、問題なしの旨の連絡が・・・

一体何があったのか?

帰ってきた妻からの話では、本人がポケットに入れていた携帯の短縮ボタン(店の番号)に、何かの拍子で知らないうちに押したことが判明。
当然、本人も全く気がつくわけもなく、突然配達中に妻が来たので、何があったのか逆にビックリしていたとのこと。

と、こんなことがありました。
でも、何事もなく本当に良かったです。(ホッ)


電話の向こうで何かとんでもないことが起こっている・・

ある大企業の部長がコンピューターのトラブルのことで、部下の自宅に緊急の連絡をしました。

電話をかけると、小さな子供のひそひそ声で「もしもし?」という返事がありました。

こんな時に子どもが出るなんて・・・と面倒に思いながらも、彼は尋ねます。

「お父さんは家にいるかい?」

「いるよ」小声の主が言いました。

「電話を代わってくれるかい?」と尋ねると、驚いたことにその小さな声は、「ダメ」と言います。

「じゃぁ、お母さんはいるかい?」と言うと、「いるよ」という返答。

「お母さんに代わってくれるかい?」と頼むと、またしても「ダメ」と言います。

彼は、小さな子どもが一人で留守番していることはないと思い、その子の面倒を見ている誰かに伝言を託そうと考えました。

「誰か君の横に人はいるかい?」そう尋ねると、子どもは小声で答えました。
「おまわりさんがいる」

警察官がいったい何をしているのか怪訝に思いつつも、彼は更に尋ねます。
「そのおまわりさんと話をさせてくれるかい?」

「忙しいからダメだよ」子どもはささやくように言いました。

「何の用で忙しいんだい?」と尋ねると、「お父さんとお母さんと消防のおじさんたちに話をしているところ」とささやき声で返答がありました。

だんだん心配になってきたところ、電話のスピーカー越しにヘリコプターのような音が聞こえてきます。すかさず、「それは何の音なんだい?」と尋ねました。

「ヘリコプターだよ」とささやき声で返ってきました。

「いったい何がそこで起こっているんだね!?[あせあせ(飛び散る汗)]」驚きの声で尋ねました。

「いま、丁度捜索チームのヘリコプターが着陸したんだ」

イライラしながらも心配になった彼は尋ねました。
「どうして皆がそこにいるんだい?」

すると、さらに小さな押し殺したようなささやくようなひそひそ声で、その子供は答えました。






「みんな僕を探しているんだよ![るんるん]

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。